第7回検定日

メディカルセーフティ検定は、昨今表面化してきた医療トラブルに対して、適切な対応を行えるようにするための必要な手法や環境などを知識として習得し、 トラブルの減少を図り、『安心安全な医療の提供』、『病院評価の向上』を目的としてスタートしました。
医療機関に従事している方はもちろん、これから医療に携わるため、勉強されている方に 役に立つ検定です。

検定をオススメしたい方々

医療に携わっている方、これから医療のお仕事を目指されて勉強されている方にオススメです。

-医師・看護師・事務・受付・薬剤師・医療系学部、専門学校 etc.-

試験の内容

1.基本法務編
 共有すべき最低限の法律知識
2.患者対応編
 患者さんが選びたがる医療機関
3.病院運営編
 昨今の医療機関経営を取り巻く状況の改善
4.医療活動と居心地のいい環境の研究
 治療効果も期待できると言われる環境作り
上記の内容から出題されます。

検定に合格すると

合格後は医療安全管理士の認定証が送付されます。
ご希望される方は、当協会の会員となると、研修会・お仕事紹介、ボランティア紹介等のプログラム特典があります。※登録料無料

受験資格

年齢・性別を問わず、医療安全対策に関心のある方なら どなたでも受験できます。

検定料

受験料
5,400円(税込)             

※団体受験は、5,000円(税込)

検定スケジュール

第7回試験
  2019年7月7日(日)
    申込期間
  2019年4月8日(月)
 ~2019年6月24日(月)
第8回試験
  2019年11月10日(日)
    申込期間
  2019年8月12日(月)
 ~2019年10月28日(月)
第9回試験
  2020年3月15日(日)
    申込期間
  2019年12月9日(月)
  ~2020年3月2日(月)

受験方法

第7回試験
在宅試験
在宅受験の流れ